ジンバブエで大麻の栽培が解禁!

     

どうも、いしかわです。(いしかわとは?

早速宣伝ですが、ジンバブエ旅行記「月刊いしかわ」絶賛発売中です。

よろしくお願いします。






さて、、、、



ジンバブエで大麻の栽培が解禁したようです。

ソース↓
https://www.iol.co.za/business-report/economy/it-is-now-legal-to-grow-cannabis-in-zimbabwe-14711506


Zimbabwe has legalised marijuana for use in medicine or science but the drug is still illegal for recreational use.


ニュースには「ジンバブエは医学的および科学的用途」のため合法化と書いてあります。





ジンバブエが合法化する前は、アフリカでは大麻の栽培が認められているのはレソトのみでした。


レソトというのは、アフリカ南部にある、周囲を南アフリカに囲まれた小国です。

「周囲を囲まれた」ってどういうこと?
という方はこの画像をご覧ください。




イタリアにあるバチカン市国みたいな感じです。





今までは?


今までは大麻の栽培はもちろん違法で、個人も法人も最大で12年間の禁固刑だったようです。


大麻の使用はどのような罰があったのか探しきれませんでしたが

実際に吸っているモアブライアンに聞いてみるとこんなことを言っていました。


「まぁ確かに違法だけど、見つかっても2USDくらい払えば返してくれるよ」



警察官も生活に苦労しているので、賄賂で解決できるようです。




ちなみに、アフリカ大陸はアメリカ大陸に次ぐ大麻消費大陸らしいので、マウライやガーナなんかも合法化を進めているようです。

今回、一足先にジンバブエが合法化に成功したようですね。





しかし


Recreational use remains illegal.


とあるように、娯楽での使用はまだ違法なようです。



もちろん日本では栽培もできません。

悪いことはやめましょうね!




月刊いしかわでは

ハラレ周辺の麻薬販売所への立ち入り、そこでの交流の様子も納めています。



よかったらご覧ください。




kindle unlimitedでも読めますので、登録いてしる人は是非!!







では!!



コメント

このブログの人気の投稿

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》

《番外編》車・ツアーなしでのエアーズロックへの行き方《多分最安》

ジンバブエドルのハイパーインフレによって生まれたボンドノートという通貨