ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】



どうも、いしかわです。(いしかわとは?


前回に引き続きジンバブエ国内のお金の現状について書きます。


↓前回の記事はこちら↓
ジンバブエに行ってきました④【お金編-上】






日本円の取扱について


気になるのがこちらですね。

ジンバブエには自国の通貨がなく、色んな国の通貨が使えるとの前情報でした。




が!!

結論から申し上げますと日本円はほとんど使えません。

というかUSD(同レートのボンドノートとエコキャッシュ含む)以外はほとんど使えないくらいです。


一強:USD

次点:ボツワナプラorユーロ


こんな感じです。




ちなみに言うとクレジットカードもほとんど使えません。

※グレートジンバブエやヴィクトリアフォールズなどの観光地は使えました。






エクスチェンジについて



しかも日本円、お店で使えないだけではなく銀行でのエクスチェンジもほぼできません。


カードを使えなくて現金が底をつきかけていた時

一縷の望みをかけて訪れたほとんどの銀行に「日本円は無理だ」と断られました。


↓現金不足により困り果てていたいしかわを更に絶望させた銀行表示




Japanese Yen だけが見事に抜けています。





神様のような銀行「CBZ」



MNB
メットバンク
スタンビック
スタンダードチャータード
バークレー
FBC


など回りまくって最終的にたどり着いたCBZ!


「CBZ?どこだそれ?どうせ無理だろ」

とか思ってごめんなさい。




CBZとは、以前の記事によるとジンバブエの国内商業銀行だそうです。

※この記事書くべく調べ直すまで国際銀行だと思ってました。





他の銀行と同じく警備員や窓口行員が結構投げやりだったので

マネージャー室に直談判しに行ったのですが、突然訪れた怪しい外国人に対して


「OK いしかわ、エクスチェンジOK」

と優しく微笑んでくれたのです。


↓マネージャーのジョアンナ





しかもボンドノートではなく、USDを用意してくれました。




帰り際に御礼を言いに行くと

「23歳の娘がいるんだけど、どうかな?」

結婚相手の斡旋までしてくれたジョアンナ、ありがとう!!

※まぁこれはジョアンナも冗談交じりだったので丁重に断りました。




結論!!


・ジンバブエに行く時はあらかじめ日本円をUSDにしてから行く

USD(ボンドノート)しか使えない上に、エクスチェンジできない可能性があります。




・Ecocashがかなり流通している

ジンバブエの取引所Golixからも残高チャージできるのでジンバブエに行く時は絶対に使った方がいいです。

帰国してから気付いたので私は使ってませんが・・・笑




・ボンドノートはジンバブエ国内で使い切る

USDと交換してくれる人を見つけるのは至難の技です。






・クレジットカードはほぼ使えない

観光地周辺以外は現金またはEcocash必須です。





・CBZは最高

もうこれにつきます。




是非皆さんCBZの名前を覚えておいてください!!





それでは今日はこの辺で!!

次回はハラレ周辺の名所を紹介したいと思います!



お楽しみに!

コメント

このブログの人気の投稿

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》