ジンバブエの長距離バスがえげつなかった話



どうも、いしかわです。(いしかわとは?



今日はジンバブエの長距離バスについて調べました。






実は先日、ジンバブエの出会い系で出会った子とメールをしていた時に

旅行でケープタウンに行った」

ケープタウン:南アフリカの観光地




という話題になりました。

私も南アフリカには興味があったので色々聞いていたのですが、



平均月収が40,000円以下の国で

(各国の生活コストや収入を確認できるNAMBEOを参照)



ハラレ→ケープタウンの飛行機代(26,000円くらい)を出すのは大変だったんじゃないかと思いました。






そこで詳しく聞いてみると


なんと彼女、バスで行ったようなんです。



ケープタウンはアフリカ最南端の町です。

ジンバブエが南部アフリカ地域だとしても、ジンバブエよりも南に国土を有する国は

ボツワナ、ナミビア、モザンビーク、レソト、スワジランド、南アフリカと6ヵ国もあります。





Google Mapで調べてみると彼女が住んでいるブラワヨからケープタウンまで2000〜2200kmありました。


それは流石にきついだろ・・・と思って調べてみると時刻表が出てきました。




どうやらヨハネスブルグで6時間半くらい休憩があるようです。



「きちんと時間が決まっているバスもあるんだ」と少し感動しました。


料金は単位がランドなので4600円〜くらいで乗れるようです。

安い!




余談ですが、ヨハネスブルグは治安が悪いことで有名です。

1994年の新政権発足当時、月あたりの殺人事件は1400件を記録しました。
日本は人口3倍で月100件くらいなので、単純に40倍です。


よくネタにされる「1日に50件殺人事件がある」というのは事実なのです。

また警官殺しも多く事情聴取の際は「必ず銃を突きつけるよう」指示されているようです。


怖いですね!






まとめると


行程①ブラワヨ→ヨハネスブルグ  12時間

行程②ヨハネスブルグで休憩    6.5時間

行程③ヨハネスブルグ→ケープタウン19時間

・料金は4,600円〜くらい



こんな感じです。

きつそうですね・・・・





ちなみにケープタウンはすごく綺麗な町です。

旅行ガイドはっておきます。






せっかくなので「もっとやばいバス」はないか調べてみました。




これです!!!


首都ハラレ→ケープタウン




合計38時間半の長旅です。


夕方の6時に出発して、2日後の朝8時半に到着します。

ハラレはブラワヨよりも200kmくらい遠いので2400kmくらいです。


ちなみにブラワヨ→ケープタウンと違ってヨハネスブルグでの休憩がありません。


料金は8,300円〜10,000円といったところでしょうか。




日本国内最長路線である東京→福岡の夜行バスが1100kmなので
その倍以上と考えるとゾッとしますね・・・




まとめ


ちょっと身体がしんどいけれど料金が安い長距離バス。

安旅にはもってこいですね。



私もジンバブエの長距離バスに乗ってみようかと思ったのですが、ちょっと調べると

30人とか40人とか死亡する事故が結構あるらしく、やめときました。笑







ちなみに日本ではよく乗ってたのですが、今までで一番やばかったのはこれです。



大阪→東京で1,500円!

日本もなかなか面白い路線がありますね!



それでは!

コメント

このブログの人気の投稿

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》

《番外編》車・ツアーなしでのエアーズロックへの行き方《多分最安》

ジンバブエドルのハイパーインフレによって生まれたボンドノートという通貨