《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》



どうも、いしかわです。(いしかわとは?




突然ですがみなさん


ムボボボをご存知ですか?




ムボボボというのはジンバブエに伝わる黒魔術のことです。

なんでも、距離を置いて同意なしに性行為をする黒魔術らしいんです。





日本でも2012年あたりに一度話題になったみたいでnaverまとめとかにもなってたんですが、いまいち詳しい情報がありませんでした。



そこで、本日はムボボボについて調べました



今回は↓この論文を結構参考にしました。

Greener Joural of Social Sciences - Experiencing Sex viathe ‘Blue Tooth’: Phenomenological Reflections on the Nature, Use and Impact of Mubobobo in Zimbabwe[.pdf]
「社会科学のグリーン・ジャーナル - 'Bluetoothでセックスを経験'ジンバブエにおけるムボボボの自然、利用、そしてインパクトに関する現象論的考察」


Great Zimbabwe UniversityのFortune Sibandaさんの論文です。
Fortune Sibandaさんのプロフィール(linkedin)

余談ですが、現在は南アフリカ共和国のGoogleで働いているようです。








「ムボボボ」の概要


ムボボボと言うと"遠隔で相手の同意なしで性行為をする黒魔術"

というイメージがありますが、実はそれだけではありません。




・経済的理由から穀物や畜産物の生産を倍増させるために使用

・ビジネスベンチャーを強化するために使用

・職場での権力や権限を強化するために使用

・ゲームやレースでの自分の運を増やすために使用


上記のように様々な用途があります。



つまり、ムボボボとは固有の魔法を指すのではなく、カテゴリーを指すようなのです。


例えば「ファイヤー」とか「アイスストーム」みたいな魔法は一つです。

それに対して「攻撃系魔法」とか「回復系魔法」という名称はカテゴリーを指してますよね。


そっちに近いと思われます。



言うなれば「ジンバブエ式攻撃系黒魔法」でしょうか。



ただし、殆どの場合ムボボボは「遠隔無許可性行為」を指しており、本記事でもそれについて調べています。




なお、遠隔で行うことができるため

Bluetoothセックスなんて呼ばれたりもしてます。




ムボボボに使われる道具は白い布、カミソリ、白いバケツなどで、その辺の公園にてヒーラーと呼ばれる魔術師が2USDくらいで売ってるようです。


怖いな。笑





ちなみにムボボボはジンバブエ発祥ではなく、南アフリカやモザンビークなどの近隣諸国に由来すると言われています。





誰が使うの?


ムボボボはジンバブエ国内でも"遠隔で相手の同意なしで性行為をする黒魔術"

として認知されており、使用者の大半はその目的で使用しています。


一般的に「独身の高齢者」と「失恋した人」が使うことが多いようです。







使用される場面



大きく分けて3種類あります。


①日中にバスやサッカーの試合集会などで

近距離で目が覚めている相手に行うムボボボです
これはよくニュースになるやつです。
かけられた人は失神してしまうこともあるようです。



②夜に寝ている相手に対して

こちらも近距離ですが、寝ている人に対して行います。
相手は起きた時に「なんかヤられた気がする」ってなるみたいです。



③オブジェクトを使って

遠距離の相手に使用できますが、相手の下着や身体の一部などオブジェクトが必要です。





寝ている相手とか極悪非道だな。
安心して寝れないじゃないか。


ジンバブエでは「女性が男性ヒッチハイカーを逆レイプ」みたいな話も聞くのでもしかしたらムボボボに使うのかもしれませんね。

http://www.afpbb.com/articles/-/2867418







ぶっちゃけ本当なの?



日本にはニンジャがいる!
侍がいる!
芸者ガールがいる!!


そう信じている外国人は未だ多いようです。



もしかして国内の認識では迷信の域なんじゃないか?


日本でも丑の刻参りとかあるじゃないですか!
そんな感じです。


なので、実際に聞いてみました。



いしかわ:こんにちは。ちょっと聞きづらいんだけど、ムボボボって知ってる。



相手:ええ、知ってるわ。



いしかわ:国内でも広く知られている?



相手:ええ、有名だわ。ただし使うと大きな問題になるわ。



いしかわ:そうなんだ。あなたはムボボボに 効果があると信じていますか?



相手:わからないわ。使われたことないから。なに?使いたいの?



いしかわ:いや、使いたいとかではないよ。国内での認知度を知りたかったんだ。



相手:そう、それより日本のPeruvian hair(エクステみたいなモノ)はいくらするの?




となんかわかったようなわかってないような感じですが、法律的に規制もあるようなので

結構信じられてるっぽいですね。






防ぐ方法は?

ムボボボ怖いですね。

防御する方法がないのか調べたところ。

伝統的なヒーラー曰く「二つ方法がある」とのことでした。


・針またはかみそりをワセリンの新しいボトルに入れる
・コショウと一緒に動き回り、黒いペティコートと黒いパンツを履く


らしいです。
ん? と思う方用に原文も貼っておくと

putting a needle or razor in a new bottle of Vaseline petroleum jelly;
moving around with pepper and wearing a black petticoat and black pant

引用:http://www.gjournals.org/GJSC/GJSC%20PDF/2013/February/Sibanda.pdf


となっています。
誰か訳に間違いがあれば教えてください。笑





まとめ


ジンバブエはHIV感染者が多いと先日書きましたが、HIVへの感染のリスクを抑えることができるので普及している可能性もあります。


日本とは伝統も文化も大きく違うジンバブエのことを考えると、なんだかやっぱりワクワクします。



とは言え、ムボボボのように危害を加える文化もあるようです。

もしジンバブエに行く予定のある方は黒いペティコートとワセリンの準備をお忘れなく!!


     



では!!

コメント

このブログの人気の投稿

《番外編》車・ツアーなしでのエアーズロックへの行き方《多分最安》

ジンバブエドルのハイパーインフレによって生まれたボンドノートという通貨