日本に住んでる普通の日本人が海外で口座開設できないかちゃんと調べてみた③




どうも、いしかわです。(いしかわとは?


アービトラージを実施する為、BitcoinfundiからUSDを出金できる銀行に口座開設できないかと企んでいます。


アービトラージについて未読の方は先日の記事をどうぞ。






冒頭から早速余談ですが

今 LTCが高騰しています。


88USDとかで売れるようで、日本の価格が55USDなのを考えると
もう買い増ししようかと思いましたが戻ってこれなくなったらいけないのでぐっと我慢しました。




さて、今日は第3回です。





それではスタート!!







Stanbic

スタンダード銀行の一員という情報しか得られませんでした!!

南アフリカ中心の銀行らしいですが、右上の言語欄では中国とか香港とかも選べます。
なぜか切り替えするとエラーになるので分かりませんが、恐らくスタンダード銀行の方に飛ぶのではないかと思います。

残念ながらアカウント作成のリンクは見当たりませんでした。









Standard Chartered

先日の記事でも書きましたが、Standard Charteredは

ロンドンに本拠を置き、世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループである。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%89%E9%8A%80%E8%A1%8C


東京支店に電話しましたが、口座開設はできないようでした。







Steward

結構新しいジンバブエの銀行ですが、エコネットワイヤレスが親会社になっているので

Ecochashと同じくEconetの回線を使ってないと登録できないかもしれません。


online chatがあったので問い合わせてみると、私たちの銀行は海外に住んでいるジンバブエ人に口座を提供しており、残念ながら対応できないとのことでした。










ZB Bank、ZB Building Society

Building Societyとあるので第2回で書いたFBCと同じような感じですね。

ZB Financialとかもあって結構大きなグループでした。



トップページに「申し込む」というリンクがあったので期待したのですが、



こんな感じでブランクになっていました。

無理っぽいですね。





まとめ


3−4回に渡って色んな銀行を調べましたが、なかなかすっと口座開設できる銀行はありませんね。



とりあえず

・仮申し込みが終わっているトーゴのEcobank

・申し込み手続き中であるシンガポールのPOSB



この2つがどうかな というくらいです。

当たり前ですが海外に口座を開くのは結構ハードルが高いですね。




一昔前はシンガポールに旅行に行った際にパスポートを持っていけばパッと作れたみたいですが、今は犯罪の抑制とか儲からないという理由で日本人はあまり相手にされないようです。







もしこのまま口座が開けなかったら?



開けないのは仕方ないのですが、bitcoinfundiに入れているUSDは回収しないといけません。

レートが悪いですがアルトコインに変えてwalletに送るしかないですね。






開けさえすればめちゃくちゃいい相場なのですが・・・

難しいものですね!




では!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

このブログの人気の投稿

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】