ジンバブエの経済が思ったより酷くて国外出金ができないっぽい!



どうも、いしかわです。(いしかわとは?


今日はジンバブエの経済状況について調べました。

結構やばい情報を目にしたからです。




なんだってー!?


先日の記事で触れたように、ジンバブエは法定通貨の崩壊が起きています。

そのため、USDやEUR、JPYなどの外貨が法定通貨となっており、自国で発行できないので慢性的に外貨が不足しているのです。


そのため、上記ツイートのような話が出ているのでしょう。

一応、ジンバブエ内の銀行であるECOBANKに問い合わせてみました。
また返信があれば更新します。

何はともあれ、口座出金がきつそうなのは確かですね。。








また、出金について調べているとこんな情報も見つけました。



大使館からのお知らせ(外貨の国外持ち出し限度額の引き下げ)

先月、ジンバブエ中央銀行は、最近の国内における米ドル現金不足に対処する措置として、新たな金融政策を
発表し、 この金融政策の一環として、ジンバブエから国外に持ち出す外貨の上限額を大幅に引き下げました。 
この結果主要通貨の国外への持ち出し限度額は、1,000米ドル、1,000ユーロ、20,000南ア・ランドとなり、
今後は入国時に空港(国境)で歳入庁(ZIMBABWE REVENUE  AUTHORITY:通称「ZIMRA(ジムラ)」)
の「関税申告書」に正確な所持金額を申告しない限り、出国時に上記限度額を超えた分の外貨を空港(国境)
で没収されるとともに、虚偽申告に対する罰金も徴収される恐れもあります。 
そのため、出張や観光で当国に入国し、出国時に外貨の合計金額が上記限度額を超過する見込みの方は、
空港(国境)での入国審査の際に入国管理官に提出する「入国カード」の所持金額欄に所持金額を正確に
記入するとともに、必ず、税関(注)における歳入庁(ZIMRA)の職員に対しても所定の「関税申告書」を用いて
所持金額を正確に申告して下さい。
当該「関税申告書」を提出すると、同申告書を受領した歳入庁(ZIMRA)の職員がサインをした上で返却され
ますので、当国滞在中は、これを大切に保管して下さい。 
出国時に上記限度額以上の現金を持ち出すには、空港(国境)で出国手続きの際に所持金額を申告した上で、
入国時に返却された上述サイン済みの「関税申告書」を再度税関における歳入庁(ZIMRA)の職員に提示する
必要があります。 
なお、上述「関税申告書」の様式や、その邦訳は以下をご参照ください。 
(注)税関は、入国審査場所を出て前方にある手荷物検査をしているカウンターです。ここで「関税申告書」を
貰って所持金等の申告をして下さい。

引用:http://www.zw.emb-japan.go.jp/home/consulate/oshirase(gendogaku).html


簡単にまとめると、外貨の国外出金の限度額がめちゃくちゃ下がりますという事です。

USD:1,000
EUR:1,000
ZAR:20,000

日本円に換算すると

USD:112,000
EUR:132,000
ZAR:168,000




往復の旅費程度にしかならないという事がわかりました。


これはやばい・・・



100ドル札くらい隠して持って帰ってもわからないと思いますが、なんかそういう悪い事なしでうまくいかせたいんですよね・・・



日本円の出金制限がかかっていない事が唯一の救いですが、海外旅行先としてどマイナーなジンバブエに、日本円の流通量が十分にあるとは思えません。


アービトラージ、思ったよりきつそうですね。





事前にちゃんと調べて良かったというか・・・

なんというか・・・



まぁ希望を捨てずになんとか調べてみます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

このブログの人気の投稿

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】