日本に住んでる普通の日本人が海外で口座開設できないかちゃんと調べてみた②



どうも、いしかわです。(いしかわとは?


アービトラージを実施する為、BitcoinfundiからUSDを出金できる銀行に口座開設できないかと企んでいます。


アービトラージについて未読の方は先日の記事をどうぞ。

今日は第2回です。



もしかしたらアフリカ、トーゴのEcobankの開設ができるかもしれませんが、そもそも送金できるのかも分かりませんし、どうせなら残りも調べたいと思います。












それでは、スタート!






FBC Bank

ジンバブエの商業銀行です。
FBCグループでは保険とかもやっているようで、日本のメガバンクである三井住友みたいなイメージですかね?

リアルタイムチャットがあったのでグーグル翻訳を使って問い合わせてみました。


結構ポンポンと返事がきまして、担当者3名のメールアドレスを教えてもらいました。
早速送ったところ、1人のメールアドレスが見つかりませんと帰ってきましたが、残り2人には送れているはずなので返事を待ちたいと思います。










FBC Building Society

名前とロゴからしてFBC Bankと関連ありますよね!
調べてみるとBuilding Societyっていうのはそのグループの中でも貯蓄とかモーゲージ とかをメインで扱う会社らしいです。
※モーゲージっていうのは簡単い住宅ローンのことです。

同じグループで専門分野が違うという事で、三井住友信託銀行みたいなイメージでしょうか。









MBCA

1956年7月31日に設立されたジンバブエ最古の商業銀行であるセントラル・アフリカ・リミテッドのマーチャント・バンクからの変更後、2004年7月に設立された銀行です。

かなり歴史のある銀行です。



口座開設に必要なもの

What do I need?

  • Copy of Identification particulars
  • Passport size photo
  • Current Payslip
  • Proof of Residence, bring any of the following documents;
                                                                             
    • ZESA/Water/TelOne Bills
    • Letter from employers
    • Affidavits from landlords
    • Third party home owner certificates
    • Letters from schools, chiefs and headmen
    • Referral letters from Senior Bank Officials
    • Letter from practising Accountant, existing bank customer, practising Doctor, practising Lawyer, Government arm

平凡に日本に住んでいる日本人では難しそうですね。







Metbank

アフリカ8ヵ国をまたにかける「Loita Financial Holdings Limited」という投資銀行会社の子会社で1999年創立とまぁ若い銀行です。



口座開設には「公共料金の形での居住証明、ZRPまたは雇用者からの手紙で証明された宣誓供述書」が必要なようで、無理っぽいですね。









NBS

NICO Holdings Limitedの子会社で南アフリカのマウライにあります。


口座開設のリンクはないようだったので開設要件などもわかりません。
問い合わせフォームから開設についての問い合わせを送ったので返答がきたらまた更新します。



ちなみにマウライっていうのはアフリカで一番小さい国で、全体の1/3を湖が覆っているらしいです。










NMB

ネパールの銀行です。
申し込みフォームなるものがあったのでクリックすると申し込み用紙のPDFがダウンロードされた時は絶望しましたが、右上にオンラインアカウントなるものが!

期待したのもつかの間。。。

携帯電話番号が10桁しか入力できない

Facebookのリンクも切れてたし、問い合わせフォームもぱっと見当たらなかったので断念です。










POSB

1877年創立のシンガポールで一番古い銀行だそうです。
郵便貯金銀行とのことで、日本でいうゆうちょ銀行みたいな立ち位置なんですかね?

POSBのHPを見ていただくとわかるんですが、かなりバブリーです。




トップにこの絵ですからね。


シンガポールの景気の良さが伺えます。



オンラインでの口座開設はさすがシンガポールというべきか、分かりやすい動線ですぐに見つかりました。

色々と調べていると、シンガポールの銀行も最近は普通の旅行客への口座開設とかをかなり渋っているようで


正直期待してなかったのですが、心配とは裏腹に入力はスムーズに進んでいきます。




入力フォームがかなり長いのですが、途中でセーブができるのです。

そして再開する時はセーブした時に送られたメールのリンクをクリックし、SMSできた6桁のパスを入れると続きからできます。


ただ、何回やっても途中から「次へ」ボタンが押せなくなるという事象に見舞われ、続けることができません。


できたら報告します。






まとめ


残すところあと4社です。

果たして解決できるのか?



今日はこのへんで!




では!!



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

このブログの人気の投稿

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》