いけそうな銀行へアタック!!




どうも、いしかわです。(いしかわとは?





最近ずっとアービトラージのこと考えています。

なんとかノーリスクで利益を出せる術はないかと!



今日もアービトラージのこと書きます






ちなみに今朝(2017/9/28)の変換率はこんな感じです。



BTCDASH0.9386
BTCLTC0.9297
BTCBCH0.8135
DASHLTC0.6798
DASHBTC0.6885
DASHBCH0.5948
LTCDASH0.9721
LTCBTC0.9753
LTCBCH0.8425
BCHDASH0.8151
BCHLTC0.8074
BCHBTC0.8178



一番割のいいLTC→BCHルートを選んで実行したとします。




①LTCをCoincheckで購入

②Bitcoinfundiに送金

③売ってUSDを入手する

④USDを使ってBCHを入手する

⑤BCHをCoincheckに戻す

⑥BCHを日本円に戻す





これでも10,000円が9,753円になってしまう計算です。

しかも送金手数料とかは加味してません。




コインで戻すのは一旦断念です。









こうなったら

コインに戻さずに受け取るしかない!!









法定通貨での送金



Bitcoinfundiで取り扱いのある法定通貨はUSDと ZARの2種類です!






ZARは南アフリカの「ランド」という通貨です。


余談ですが、かつてFXで口座残高がほぼ0になったのはこのZARの暴落の時です。笑
9円手前で買ったランドが6円台になりました・・・笑







流動性や日本円への換金性の高さを考えるとここはUSD一択です。







USDの送金について



昨日も書きましたがUSDを送金できるのは下記の通りです。



(検索できるように書き起こしました)

Ecochash
Agribank
BancABC
Barclays
CABS
CBZ
Ecobank
FBC Bank
FBC Building Society
MBCA
Metbank
NBS
NMB
POSB
Stanbic
Standard Chartered
Steward
ZB Bank
ZB Building Society





どれも聞いたことない!!






仕方ないので1つ1つ調べていきました




やはりどれもログインだけあってサインアップとかないんですよね。


暗号通貨(仮想通貨)の取引所やwalletの感覚で、アドレスとパスワードさえ決めたら開設とはいかないです。








現地まで行って口座作るのも大変そうだしなーと諦めかけたその時!








東京支店がある銀行を見つけました!!

それがStandard Charteredです。


上記のリンクでも確認できますが、Standard Charteredは

ロンドンに本拠を置き、世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループである。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%89%E9%8A%80%E8%A1%8C




ここで口座作ったら

Bitcoinfundi→Standard Chartered→現金

という最短距離になるので、多少手数料がかかっても利益が残るはずです!!








早速電話してみました



いしかわ「日本に住む個人なのですが、口座開設はできますか?」


受付女性「申し訳ございません。当行では個人様向けには口座開設のご案内はしておりません」




く、、、

まぁ銀行の感じ的に、ある程度予想はしてたが、早速撃沈。







仕方あるまい。。。




いしかわ「では法人として作りたいです」





受付女性「申し訳ございません。現在法人様向けにも口座開設のご案内はしておりません」





まじか!

お先真っ暗だ。





どうする!?


どうする俺!?






次回に続く!!


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

このブログの人気の投稿

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》