《仮想なのに現実!!》ハードウェアウォレットについて





どうも、いしかわです。(いしかわとは?


ZaifへのDDoS攻撃は記憶に新しいですが

最近はこの手の攻撃が多いようです。



DoS攻撃とは・・・

情報セキュリティにおける可用性を侵害する攻撃手法で、ウェブサービスを稼働しているサーバやネットワークなどのリソース(資源)に意図的に過剰な負荷をかけたり脆弱性をついたりする事でサービスを妨害する攻撃、サービス妨害攻撃である。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/DoS%E6%94%BB%E6%92%83




また、こういうツイートも見つけました。





高城泰さんがまとめてくれた最近のDDoS攻撃では
暗号通貨(仮想通貨)取引所だけでも4箇所あったようです。




取引所も100%安全ではないって思ってしまいますね。

現に9/15のZaifは重かったですし。










こんな時に便利なのが

ハードウェアウォレットです!






そもそも暗号通貨(仮想通貨)の保管方法は大きく分けて2種類あり、それが

取引所とウォレットです。



そのウォレットにもオンラインのホットウォレットオフラインのコールドウォレットがあり




そのコールドウォレットの代表格がハードウェアウォレットでして

簡単に言うと残高のデータをオフラインで保存できる機械です。




ハードウェアウォレットを使うメリット

先日も詐欺の記事を書きましたが、今や取引所もウォレットも安全とは言えません。
ハッキングや今回のようなDDoS攻撃等、常にリスクに晒されています。



その点ハードウェアウォレットはまず盗まれないです。






そもそもオフラインなのでハッキングのしようがありません。

あなたの家まで盗みに来るしかありません。

トップクラスに安全とっても過言ではないでしょう!






ハードウェアウォレットを使うデメリット


自分自身で機械を管理しないといけないですし、壊れてもダメです。

保管場所を忘れて捨ててしまったりしたら資産を失うことになります。






おすすめは?


これです。



ハードウェアウォレットって安心感を求めるために用意すると思うんです。


変な会社が発売していたらなんとなく不安ですよね!






このTREZORは日本のSatoshiLabs正規代理店テックビューロ株式会社が輸入しています。

テックビューロと言うとZaifを運営する金融機関ですし、さすがに変な事はないだろうということです。



世界基準とか書いてますしね!








まとめ


結構お金がある人は買ってもいいんじゃないでしょうか?




そんなの買うくらいならZaifトークン買い増すわい!




って人にはおすすめしませんが


とにかく色んなリスクがあるということを頭に入れておいた方がいい事は確かです!





では!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

このブログの人気の投稿

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》