《日記》夏嵐の夜に



どうも、いしかわです。(いしかわとは?


今日は投資はお休み、息抜き記事です。

女の子のこと書きます。









台風がきてますね。

私はいま大阪に住んでいるのですが、風が強い割りに雨はあまり降らずなんか不完全燃焼です。

なんかこういう日は高校の頃を思い出すんですよね。










・・・・・・・






それは風が強い日でした。(台風ではない)

卒業を控えた高校3年生の秋くらいかな?

なんだかエモくなって海を見に行ったのです。








よくありがちですよね。

卒業とか進学とか

そういう不安と期待が入り混じってました。

でも何よりも高校の友達と別れるのが寂しかったです。








そして当時好きな子がいました。

その子をRちゃんとしましょう。

Rちゃんにはまだ想いを伝えていませんでした。









海の向こうは真っ暗で何も見えませんでした。

それは自分の将来を示しているようでした。
(真っ暗ということではなく、何も見えないということ)




吹き付ける風を強く吸う

少し冷たい空気が肺に入ってくる

大きく息を吐く

それと同時に全身に酸素が行き渡る

頭が冴える



それでも、全く見えませんでした。私の将来。










私とRちゃんは地元である香川から大阪に進学することになっていました。





自分はこれからどうなるのかなとか

大阪でもRちゃんと会えたりするのかなとか



暗い海を見ながら考えていました。





この暗闇の先がどこに繋がっているのか検討もつきませんでした。


想像もできないくらい遠くの異国の地に繋がっているのか

はたまた空想の世界のような非現実に繋がっているのか


現実感はなく、ただ未知への畏怖と憧れが漂っていました。






・・・・・・・・





それからもう十年近く経って

その気になれば暗闇がどこに続いていたのか簡単に調べられるようになりました。




今日、なんとなくその気になって調べてみたんですが


愛媛の今治とかその辺が真正面にありました。


そもそも香川県は瀬戸内海なので外国に繋がっているはずないんですよね。






それでも、やっぱりあの日見た暗闇の先には、全く知らない「何か」があって

それを見たあの気持ちは今でも本物です。





大人になって、わからないことが減って

どんどん退屈になっていきました。





なんでも知ってる気になって

なんでも見えてる気になって





退屈にしていたのは自分自身かもしれません。




「世の中には知らない事がまだまだいっぱいあって・・・」

とかそんな話じゃなくて




今まで経験してきた、知ってるはずの事象も

本当はもっと大きな意味とか意思とかがあって


それを理解できてなかったりするんじゃないかとか

その隠された意思や届かない想いはどこいってるのかとか







わからないことだらけだなと

思いました。






そんな気分になれる懐かしい曲です。





では!

コメント

このブログの人気の投稿

《ジンバブエ》禁断の黒魔術「ムボボボ」について調べてみた!《効果・使用方法など》

《車・ツアーなし》即日!エアーズロックへの行き方《当日発・多分最安》

ジンバブエに行ってきました⑤【お金編-下】