投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

日本に住んでる普通の日本人が海外で口座開設できないかちゃんと調べてみたらいけそうだった話

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?


アービトラージを実施する為、BitcoinfundiからUSDを出金できる銀行に口座開設できないかと企んでいます。


前回に引き続き第2回です。



今日はEcobankという銀行のオペレータとやりとりをしたのでその流れを書きます。








Ecobank

アフリカ、トーゴに拠点を置く銀行です。



とにかくサイトが重い!
かなり多くの言語に対応していますが、日本語はないです。

トーゴにあるだけにアフリカメインの銀行なのでしょう。




今日は時間があるのでリアルタイムチャットをやっていきたいと思います。


日本で昼の12時くらいなのですが、あっちでは何時なんでしょう?
とにかく待ち時間が長い。



ただ、「あなたは何番目にお待ちのお客様です。」とか表示されてるのでわかりやすかったです。




下記がやりとりです。


RUDDOCK: Hello,Welcome to Ecobank Live Chat I'm RUDDOCK. How may I help? ishikawa naoya: Hello. I call Ishikawa Naoya.I am a Japanese living in Japan, but I'd like to open an account.

I am doing virtual currency trading.
I am using an exchange called Bitcoinfundi.
At Bitcoinfundi, Bitcoin is sold higher than the Japanese exchanges, so I am profit there.

Bitcoinfundi supports USD remittance to your bank.
I am looking for a hub bank to return funds from Zimbabwe's exchanges to Japan.

Could you please open an account?RUDDOCK: Good morning Naoya, how may I assist you please?ishikawa naoya: I want you to tell me whether even Ja…

日本に住んでる普通の日本人が海外で口座開設できないかちゃんと調べてみた①

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?


今日はBitcoinfundiからUSDを出金できる銀行を1つ1つ調べて行ったのでそれをまとめたいと思います。


かなり量が多いので数回に分けます。




それでは、スタート!








Ecochash


ジンバブエ最大の通信サービスプロバイダーであるEconet Wirelessの子会社が提供しているサービスです。

ジンバブエ証券取引所では時価総額がトップクラスに高いらしく、よくわかりませんがSoftbankみたいな会社なのかもしれません。


Econetの回線を使ってないと登録できないようです。










Agribank

1988年に設立したベトナムの国営銀行です。

シェアはベトナム全体の16%と恐ろしいくらいでかいです。
(日本のシェアナンバー1である三菱東京UFJ銀行でも7%くらい)

農業・農村開発銀行というところがベトナムっぽいですね。

残念ながら口座開設できそうなところは見当たりませんでした。










BancABC


南アフリカのボツアナという国に本社がある銀行です。

南アフリカ全域にグループがあり、かなりしっかりしてそうな銀行でした。

個人口座は開けそうなリンクがなかったので法人口座を調べたのですが






最低入出金1000米ドル3カ月以上営業している事業

という条件がついており、さらに・・・


私たちの支店のいずれかに次のものを持参してください:

覚書および定款の認証書、設立証明書、株主を確認する会社のレターヘッドで現在のCR2またはレターの認証コピー現在のCR14の認定コピー現在のCR6の認証されたコピー(会社の主たる事業所の住所)すべての署名者のパスポート写真取締役の居留証(公益法人の請求日から3ヶ月以内)

いけそうな銀行へアタック!!

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?





最近ずっとアービトラージのこと考えています。

なんとかノーリスクで利益を出せる術はないかと!



今日もアービトラージのこと書きます






ちなみに今朝(2017/9/28)の変換率はこんな感じです。



BTC→DASH=0.9386BTC→LTC=0.9297BTC→BCH=0.8135DASH→LTC=0.6798DASH→BTC=0.6885DASH→BCH=0.5948LTC→DASH=0.9721LTC→BTC=0.9753LTC→BCH=0.8425

《必見!》実際に計算してみた《アービトラージ》

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?


昨日の記事の続きです!




アービトラージできるんじゃね?

と思い立ってジンバブエの取引所を開設したわけですが・・・






問題が2つ発生しました。

1つは流動性が無いという問題

なので、元々入っている注文を確認しておけば大丈夫でした。






しかし、もう1つの「出口が無い問題」は結構深刻でした。

今日はそこのところ詳しく書いていきます。









出口が無い問題

海外の取引所にUSDを入れていても何にもなりません。


なんとか日本の取引所に戻そうと思うのですが、USDを送れるのが



これだけなんです。

まぁ「これだけ」って言うほど少なくないんですが、知っているところが一つも無いのできつそうです。




海外に口座を作るのもきつそうだし、そもそも銀行口座作れても送金手数料が凄そうなので、USDでの取り出しは諦めます。






じゃあどうするか?


他のコインで日本の取引所に戻すのはどうか?

各種アルトコインなら送金手数料も少ないですし!


Bitcoinfundiで扱っているのは

BTC
DASH
LTC
BCH

の4つです。




今日はCoincheckとBitcoinfundiの売り注文、買い注文を確認し

どの通貨を日本で買って、どの通貨にして戻したらいいのか検証しました。



組み合わせは下記12通りです。


入金出金BTC→DASHBTC→LTCBTC→BCHDASH→LTCDASH→BTCDASH→BCHLTC→DASHLTC→BTCLTC→BCHBCH→DASHBCH→LTCBCH→B