投稿

【ジンバブエ】例えば人を殺したとして【政治】

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?



突然ですが、殺人って知ってますか?


殺人っていうのは人を殺すことです。
当然殺されたくないですし、殺すのもいけないことだとされています。




もちろん、それはジンバブエでもです。

しかし、そのあたりの倫理観ってちょっと日本と違ってたりするのです。

今日はその辺をまとめました!!






・・・と、いきなり「いかにもブロガー」みたいな始まり方をしちゃったんですが

こんなニュースがあったんです。


Zanu PF、テロリーダーの復帰を祝うhttps://www.newsday.co.zw/2018/12/zanu-pf-celebrates-terror-leader-return/




Zanu PFっていうのはジンバブエの与党です。今の日本でいう自民党みたいな!


ちなみにムナンガグワ現大統領も、ムガベ前大統領もZanu PFです。




その与党のメンバーであり、2002年の選挙中に野党であるMDCのメンバーを殺害したEddie Munjanjaさんが、釈放され、豪華な歓迎パーティが開催されたようなんです。






これって


日本だと考えられないですよね!



現与党のメンバーとは言え、人を殺した人物に対して歓迎パーティは

日本ではきっと

不謹慎だー!」と言われるでしょう。





そもそも日本とは歴史も文化も人種もなにも違うのです。

こういうところでやはりアフリカだなぁと思います。



Eddie Munjanjaさんは、簡単に言うと英雄視されているのです。






なんでこんな感じなのかというと



こうした傾向は恐らくアフリカの多くの地域で見られるんですが、それはアフリカの多くが植民地だった過去から、独立を勝ち取った歴史を持っているからなんです。


余談ですが、ジンバブエはイギリスの植民地だったので、先日香港(元イギリス)に行ったときに、所々ジンバブエと似た街並みがありました。





近代アフリカの歴史は独立の歴史です。


ジンバブエも1980年にイギリスから独立を果たし南ローデシアからジンバブエという国になりました。

※北ローデシアだった現ザンビアと合わせてローデシアと呼ばれていました。




独立は戦いです。
ジンバブエの与党は厳しい戦いを乗り越え、見事独立を勝ち取ったのです。


日本のように、もともと自分の国だったということではなく、自分の国を取り戻したという英雄なのです。



ジンバブエの首都、ハラレの郊…

ジンバブエでバスガス爆発

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?

画像引用:https://www.bbc.com/news/world-africa-46242382?intlink_from_url=https://www.bbc.com/news/topics/crr7mlg0rpvt/zimbabwe&link_location=live-reporting-story



ジンバブエは交通インフラが整っていないのに、自家用車を持っている人が少ないのでバス移動が多いです。


そして、日本では考えられないような事故が起こります。

At least 42 killed in Zimbabwe bus fire

この木曜日に起こった事故ですが、どうやら乗客の持ち込んだガスボンベが原因でガス爆発を起こし、バスが大破、少なくとも42人が亡くなったようです。

42人て!

多すぎでしょ。

日本だったら歴史に残るレベル。
I was devastated to learn of last night’s tragedy, the second major accident in recent weeks. The thoughts and prayers of a grieving nation go out to the wounded and the families of those killed. We will ensure they get the care and support they require. (1/2) — President of Zimbabwe (@edmnangagwa) 2018年11月16日

ムナンガグワ大統領も特に注意するように呼び掛けています。



でも、よく見てみると「ここ数週間で二度目の」という文章が入っています。


まさかの二度目!?

実は一週間ほど前にもバス事故で47人が亡くなっているようです。


これはあまりにも酷い。






ジンバブエは日本と違って近隣の国へ移動できるバスの国際便があります。

ジンバブエの長距離バスがえげつなかった話 - 日刊いしかわ ↑以前調べた記事です。


ろくに信号もないし、道もわるいし、距離も長いので、そりゃ事故起きるわという感じです。


しかし安い。
数千円で2,000km超の移動ができるなんてすごいことですね。

まぁ乗りたくはないですが。


【大ニュース】ジンバブエの外貨獲得に光明が!【油田】

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?


最近「ジンバブエの経済がやばい」ばっかり言ってきました。


ろくに輸出する物を作る力がないから貿易赤字だし、外貨の流通量が増えないから
またインフレが起こってるのに解決の術がないとか


散々言ってきました。




しかし、なんと!!

出て行った白人を呼び戻す以外に回復できそうな方法が見つかったのです!!





そんな一発逆転みたいな話あるのか?と懐疑的な方も多いでしょう!

「宝くじが当たったり、石油でも掘り当てたのかよ」と。




実はそうなんです!


ジンバブエで油田が見つかったという話です。


発見したのはオーストラリアのInvictus Energyという会社で、Muzarabaniという地域でにあるっぽいです。

前回訪問した時は行かなかった(というか知らなかった)地域です。

場所でいうとこの辺です。
ちょっと上の方。


モザンビークとの国境がある地域です。




発見の流れ


最初は2018/09/26のニュースで「油田がある可能性がある」と報じられました。 https://www.myzimbabwe.co.zw/news/32261-australian-energy-company-discovers-potential-oil-field-in-muzarabani.html


そして1ヶ月後、2018/11/1にムナンガグワ大統領が会見にて正式に油田の発見を発表しました。



Invictus EnergyのHPにも、ムナンガグワ大統領の声明のリンクが貼られているので間違いありません。 https://www.invictusenergy.com/





油田が見つかったら

Invictus Energyは、ジンバブエ政府との生産分担契約を締結することを発表しており、2020年頃には採掘できるように(?)するっぽいです。

ジンバブエはこれまで国外に輸出できるような国ではありませんでした。
しかし、これで石油原産国に仲間入りすると、貿易は黒字、外貨は大量に流入し、インフレにも回復の兆しが見えるでしょう。


もう国内版USD、ボンドノートとか発行しなくていいのです!!!




これは今後の動向に目が離せませんね!!

また新しいニュースがあったらお伝えします!
では!!







自国通貨がないジンバブエで、どうしてまたインフレが起こっているのか

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?




↓前回の記事でもお伝えしましたが
【ジンバブエ】またハイパーインフレ起こっちゃうかも【ボンドノート】 


ジンバブエの現地通貨であるボンド、およびEco Cashの価値がどんどん下がってきており、流通しているUSDに対して高レートで取引されています。

USDに対して250-300%で取引されていたとのことですが



BBCの報道によると

URL https://www.bbc.com/news/world-africa-45822166

ブラックマーケットでは現地通貨とUSDが400-500%くらいのレートで取引されているようです。


「現金もパンもKFC(ケンタッキーフライドチキン)もない」と報道されています。

これは2008年のハイパーインフレの前兆と似ているので、再度ハイパーインフレが起こるかもしれないと、不安になっています。





ただ、ここで一つ疑問が浮かぶかもしれません。

そもそも自国通貨がないのにどうやってインフレするん?


そうなんです。
2008年のハイパーインフレによってジンバブエドルは廃止しました。

実際に現地のモノやサービスの価格はUSD(アメリカドル)表記になっています。


  ↑現地のクソまずいビール


でも、肝心のUSDは国内に少ししか流通していません。

自国で発行できないから当然なのですが、更に悪いことに得意だった穀物などの輸出も白人迫害などによって技術を失い、外貨の獲得が困難になりました。


そこでジンバブエでは「国内版USD」を作りました。

それがボンドノートと呼ばれる紙幣、およびボンドコインです。

※まぁボンドコインはセントの代わりに使われる用途があったとかなかったとかですが、それはまた別のお話




そのボンドの価値が落ちていってるって感じです。

自国で流通している通貨同士でインフレが起こっているんです。


前回以上にややこしいです。



ちなみにボンドは自国通貨ではないので、海外との取引はもちろんできません。

※隣国のザンビア クワチャとの交換が行われていたとの情報はありますが非公式です。



なんかうまいこと絡んでやろうって思う方は多分すごく大変なのでやめておきましょう。
↓↓↓この辺参照ください

ジンバブエの経済が思ったより酷くて国外出金ができないっぽい! 





あ、ちなみのこの記事で100記事目です。

最初の方のクソ記事も合わせて…

【ジンバブエ】またハイパーインフレ起こっちゃうかも【ボンドノート】

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?

ジンバブエでまた不穏な動きがありました。


こちらをご覧ください。

対USドル・ボンド250%、エコキャッシュ300%までになり、いよいよスーパーからモノが消え始めているらしい。また同じ過ちを犯そうとしているジンバブエ。やれるだけやってみるが・・・レートが高騰するスピードもおかしくなっている。 #ジンバブエ#インフレ — Daichi@アフリカ@ジンバブエ (@daichioka) 2018年10月10日
前回ジンバブエに行ったときにお会いさせて頂いたジンバブエで飲食店をやっているDaichiさんのツイートです。


またインフレか!


主に流通している通貨は
・USD(アメリカの$)
・ボンド(USDと同価値だと政府が言っているオリジナル通貨)
・Ecocash(電子マネー、ボンドと同価値)

の3つですが、もっとも信用のあるUSDとの相対価値が

ボンド 2.5倍
Ecocash 3.0倍

になっていたとのことです。

チェーンの飲食店などではボンドで払ってもEcocashで払っても同じだけしか払わなくていいので(当たり前だけど)1USDあれば3USD表記の商品を手に入れることができます。


まぁ闇レートで交換すると捕まるらしいのですが、正直皆やってました。




さらにどんどん拡大中



また、英語ニュースですが、最高レートが6倍になったとの情報もあります。

出典:my zimbabwe news
https://www.myzimbabwe.co.zw/news/33372-latest-black-market-rates-fall-rbz-and-commercial-banks-senior-figures-in-big-trouble.html

インフレの前兆として「モノ不足に陥っている」があげられますが、現在のジンバブエでもスーパーからモノがなくなっているようですし、どうなるのかなという感じです。

選挙が終わってひと段落し、対応場であったチャミサさんとの協力体制もそれなりに生まれて来いるのではと思った矢先なので、なかなかどうなるか読めませんね。


これからも目が離せません!!








【ジンバブエ】LINEの乗っ取りみたいなやつ【WhatsApp】

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?



日本に住んでいる皆さんはLINE、使いますよね。




この「LINE」なのですが、訓練した人間であれば

15秒くらい目を話した隙に乗っ取ることができます。



詳しい手順はここでは載せませんが、ネットで調べるか、会った時にでも聞いてください。



この乗っ取りですが、単純に悪用しようとしている場合だけではなく、浮気調査で会話内容を傍受するため、ひっそりと潜んでいる場合もあるようです。




ジンバブエのニュースサイトでこんなニュースを見つけました。



あなたのパートナーがWhatsApp Webを使ってあなたを偵察する方法
https://www.myzimbabwe.co.zw/technology/32215-how-your-partner-can-spy-on-you-using-whatsapp-web.html




WhatsAppというのはLINEみたいなもので、世界的なシェアを誇るチャットアプリです。


実際にジンバブエで出会った人の多くはWhatsAppを使っていました。



記事の内容を要約するとパートナーのスマホでWEB版のログイン画面に表示されるQRコードを読み取りパートナーのWhatsAppにログインすることで、以後の会話を傍受できるとのことでした。



ジンバブエでは去年の高等裁判所の判決で、このようなことは違法だとされていますが、こういう手口が 公開されているということは、実際に使っている人がいるということでしょうし、皆さんも気をつけましょう。




なお、LINEの乗っ取りが心配な人は



設定→アカウント→ログイン中の端末を確認し、スマホ以外にログインしている端末がないことを確認しておきましょう。

↓↓↓↓↓



もしも、他にログインしている端末がある場合は、その画面から強制ログアウトもできるのでご安心ください。
(他にログインされてる時点で安心できないか。笑)


では!!!



ジンバブエでゴルフをする料金?

イメージ
どうも、いしかわです。(いしかわとは?


先日友達と「浜松いなさゴルフ倶楽部」というところへゴルフに行ってきたんです。

12,000円くらいと、決して高額ではなかったのですが、今まで昼食付5,500円みたいな安コースしか回ってなかったので、「高級コースだ!」とテンションが上がってました。


ジンバブエにももちろんゴルフ場はあります。
気になったので料金を調べてみました。



ジンバブエでゴルフするのにかかるお金


今回調べたのは

アフリカのゴルフ場を紹介する【top100golfcourses.com】というサイト(https://www.top100golfcourses.com/golf-courses/africa/zimbabwe

で1位だった「ハラレロイヤルクラブ」の料金です。


HP(http://royalharare.co.zw )を見た感じ、結構いい感じのコースでした。

沢山の料金体系があるのですが、基本的に会員にならないといけないようです。


メニュー表


色んな種類の会員がありますが、普通に使うならざっと分けて

正会員
限定会員
高齢者会員
ジュニア/学生会員
国外会員

くらいですね!!

$1070 正会員
$885   限定会員
$520     高齢者会員
$340     ジュニア/学生会員
$200     国外会員

と、結構安いです。

また、この会費を払えば基本的に追加料金はかかりません。
※一部会員は曜日と時間によってかかります。


また、先払いのプリペイド型会員の制度もあり、それぞれ

$440     18ラウンド
$740     24ラウンド
$940     32ラウンド


何故か18ラウンドが一番安く、1ラウンド$25くらいで回れるようです。


なかなか安いですね!!


ジンバブエでゴルフをする際は参考にしてみて下さい!!


では!!